伊東四朗、3年前の免許自主返納で「心安らかに」きっかけは更新時の検査内容

伊東四朗、3年前の免許自主返納で「心安らかに」きっかけは更新時の検査内容

伊東四朗

最近、高齢者ドライバーによる事故が多発し、高齢者の免許自主返納への気運も高まっている。ベテラン芸能人も例外ではなく、それぞれが難しい判断をしている。立場上、人一倍、運転に気をつけなくてはならない彼・彼女らに、免許返納と高齢者の運転について考えをインタビューで聞いた。

「運転免許を取ったのは25歳のときですが、ちょうど3年前に自主返納しました。週に2〜3回運転していましたが、私の仕事上、どんなに軽微な事故でも影響があると思っていたので、特に気をつけて運転していましたね」

 79歳のときに免許返納した理由として、更新時に受けた講習に納得がいかなかったことも挙げられるという。

「無事故でゴールド免許だったのにもかかわらず、更新に行ったら“次の更新は5年後ではなく3年後です”と言われ、納得できなかったんです。いわゆる認知症検査も受けましたが“この検査で免許を剥奪することはありません”とも聞いて、“それならなぜ、検査をするんだ”と思いました。この試験をまた3年後に受けるのは苦痛だったのと、79歳という年齢も考えて即座に返納することにしたんです」

 検査内容も、あまり気持ちのいいものではなかったそう。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)