宇垣美里、ヤバすぎる言動は「悪女」というより「気の小ささ」の裏返しではないか

宇垣美里、ヤバすぎる言動は「悪女」というより「気の小ささ」の裏返しではないか

宇垣美里

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

 女子アナの採用を担当するTBSの人事部はすごいなと私は前から思っています。短時間の選考で、小島慶子や青木裕子、田中みな実など、ま〜、キャラが濃い女性ばかりを発掘するなんて、ちょっとした奇跡ではないでしょうか。

 キャラの濃さというTBSの伝統を受け継ぎ、今、世間サマをちょっとお騒がせしているのは、4月からフリーになった宇垣美里でしょう。

『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した宇垣は、TBS時代のウワサについて明かします。入社3年目に「降板を言い渡されると、“なんで私が降りなきゃいけないんですか?”と泣き叫び、コーヒーを壁に投げつけた」と『週刊現代』(講談社)に報じられた宇垣。真実か否かを同番組ナビゲーターの坂上忍に聞かれた彼女は、おおむね事実であることを認めます。

 事の詳細は、こんな感じ。降板をギリギリになって告げられたことに、宇垣は立腹。「私に対して失礼」「(降板が)決まらないなら、先延ばしにすべき」とプロデューサーに物申し、同番組司会のダウンタウン・浜田雅功を「おまえ、すごいな」と驚かせます。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)