東海林さだおが力説、インスタントラーメンの“小袋”が日本にもたらした問題

東海林さだおが力説、インスタントラーメンの“小袋”が日本にもたらした問題

東海林さだおさん 撮影/北村史成

御年81歳の現在も、週刊誌3本、月刊誌1本の連載を続けている東海林さだおさん。その連載期間は、最も短いもので32年! これまで刊行した著作数は「何冊あるんだろう……」とご本人も把握しておらず、今回加わった新刊『ざんねんな食べ物事典』について話を聞き始めると、「どんな内容だっけ?」と苦笑いしてページをめくった。

 お得意の食べ物に加え、日常で見つけたさまざまな“おもしろいこと”をテーマにしたエッセイ集である。内容を思い出した東海林さんが、書いていて特におもしろかったというのが、謝罪会見をテーマにした一篇だ。

「山一證券の社長の会見は歴史に残るよね。いまは対応策ができていて、みんな何も反省せずにゾロゾロ出てきて頭を下げるだけ。見慣れちゃって何も感じない」と、謝罪の形式のアイデアを自ら提案する。実際にエッセイに書いたものは読んで楽しんでもらうとして、取材時に披露してくれたアイデアはこうだ。

「おろし金みたいな“土下座台”を作って、その上で頭をゴリゴリさせながら土下座するの。謝罪だからそのぐらい反省の色を見せないと! ゴリゴリ度が高いほど謝罪の気持ちが強いわけで、傷痕もちゃんと披露して。あぁ、このネタを書けばよかった(笑)」

 ほかにも老人たちが抱える“痒い”という問題から超高齢化時代の商機は孫の手にあると主張(?)したり、書名にもなった“ざんねんな食べ物”の1つに挙げられたスルメはわずか5mmにつぶされていて、人権ならず“イカ権”をどう考えているのかと問題提起(?)したり。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)