<京アニ放火>容疑者“赤シャツ巨漢男”の隣人が恐怖証言、胸ぐらつかまれ「殺すぞ」

<京アニ放火>容疑者“赤シャツ巨漢男”の隣人が恐怖証言、胸ぐらつかまれ「殺すぞ」

青葉真司容疑者

「犯人は頭がおかしいと思ったね。言っていることも意味がわからないし話が通じる感じではなかった」

 '12年、茨城県内で起きたコンビニ強盗の被害に遭った女性が明かす。この犯人と、京都アニメーションスタジオに放火し、30人以上の命を奪った男は同一人物。いったい何があったのか──。

 平成以降、最大の死者数を出した放火事件が起きたのは18日午前10時半すぎのこと。

「京都市伏見区にあるアニメ制作会社『京都アニメーション』の第1スタジオに男が乗り込んできて何かを叫びながらガソリンをまいて火をつけたそうです。直接身体にガソリンを浴びせられた従業員もいるといいます」(全国紙社会部記者)

 男の凶行により、従業員の女性20人、男性13人、性別不明1人の計34人が死亡、ほか34人が重軽傷を負った。男も全身やけどによる意識不明で入院中で重篤な状態(20日現在)だという。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)