元SMAP3人が地上波から消えた裏に“非情な圧力”か、ジャニーズ事務所の言い分

元SMAP3人が地上波から消えた裏に“非情な圧力”か、ジャニーズ事務所の言い分

『新しい地図』の3人

7月17日、先日亡くなったジャニー喜多川さんを悲しませるニュースが流れた。

「公正取引委員会が、ジャニーズ事務所が民放のテレビ局に、元SMAPのメンバーである稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんを出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、注意したことが報じられました。以前から公取委はテレビ局に聞き取り調査を行っていたといいます」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ事務所は公式ホームページで報道内容を否定したが、以前から彼らに対する圧力を疑う声があった。

 SMAPは’16年末で解散し、木村拓哉と中居正広は事務所に残ったが、残る3人は’17年9月に独立。現在は『新しい地図』として活躍しているが、最近は在京キー局の地上波のテレビ番組で彼らを見かけなくなった。

「テレビ朝日系で放送されていた香取さんの冠番組『SmaSTATION!!』は’17年9月で、フジテレビ系の『おじゃMAP!!』とテレビ朝日系で放送されていた草なぎさんの冠番組『「ぷっ」すま』は’18年3月に、TBS系で放送されていた稲垣さんの冠番組『ゴロウ・デラックス』は今年3月に終了しました。結果、3人の地上波のレギュラー番組は0本になりました」(同・スポーツ紙記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)