西田尚美「年齢サバ読み疑惑」で業界が混乱、事務所が答えた“真実”

西田尚美「年齢サバ読み疑惑」で業界が混乱、事務所が答えた“真実”

西田尚美

《日本で一番危険な映画監督・白石和彌(44)と国民的俳優・香取慎吾(42)が初タッグを組んだ、映画『凪待ち』(6月28日公開)。ギャンブル依存症の郁男(香取)を支えながらも悲劇に見舞われる内縁の妻・亜弓を、売れっ子バイプレーヤー女優の筆頭である西田尚美(47)が好演する》(6月26日配信)

《タレント・香取慎吾(42)が28日、都内で、主演映画「凪待ち」の初日あいさつを、西田尚美(49)、リリー・フランキー(55)、白石和彌監督(44)らと行った》(6月29日配信)

 これらはどちらも現在公開中の映画『凪待ち』について伝えるスポーツ紙『デイリースポーツ』の文面である。注目してほしいのは、文中にも“名バイプレーヤー女優”と表現されている西田尚美の年齢だ。わずか3日で2つも年をとった……わけはない。

「西田さんはモデルとしてデビュー後、'93年に出演したTBS系のドラマ『オレたちのオーレ!』をきっかけに女優に転身しました。デビュー当時の生まれ年は'72年となっていましたが、'07年に事務所を移籍。その後は公式ホームページなどでは生まれ年は公表されなくなりました。しかし、NHKのサイトや一部新聞でのインタビューなどでは生まれ年が記されているものもあり、そちらは'70年生まれとなっています」(スポーツ紙記者)

 芸能人のプロフィールが記載されている『タレント名鑑』を確認すると、'07年度版では'72年生まれと記されているが、'08年度版からは生年月日は記されていなかった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)