氷川きよし、テーマは“七色”! 20周年コンサートで観客に「いいんですか?」

氷川きよし、テーマは“七色”! 20周年コンサートで観客に「いいんですか?」

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

梅雨寒が続いた東京。しかし、この日の日本武道館は日本中のどこよりも熱気に包まれていた……!

「本日は『氷川きよしデビュー20周年記念コンサート〜龍翔鳳舞〜』へようこそお越しくださいました。自分ひとりの力では何もできませんでしたが、ファンのみなさん、そしてスタッフのみなさんに氷川きよしを支え、応援していただき、今日の日を迎えることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

 オープニングは未発表曲『龍翔鳳舞』。1・8メートルのステージがさらにせり上がり、5メートルの高さに。風になびく龍の尾は、なんと20メートル! ド派手な幕開けに、誰もがおったまげ。半年前から構想を温めていたというきよしくんは、

「今年で42歳。だから、年の数だけ歌いたいと思って。全曲オリジナル曲でたっぷりと。今回のテーマは“七色の氷川きよし”。一色だけじゃなく、いろんな色を表現したいと思って」

 ゴールドスパンのスーツで『勝負の花道』『櫻』、幾何学模様のモダンな着流しでは『大丈夫』『きよしのズンドコ節』など。センターの花道から2階席の目前にまでのびた坂まで、きよしくんは武道館を縦横無尽に駆けめぐる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)