世間の声は意外にも…「芸能界の圧力・パワハラ」をみつめる“冷静な観察眼”

世間の声は意外にも…「芸能界の圧力・パワハラ」をみつめる“冷静な観察眼”

立て続けに開かれた“衝撃の会見”に世間の反応は──?

いまだくすぶり続ける吉本興業所属芸人の反社会組織とのつながり問題と、同社社長・岡本昭彦氏の会見騒動。ネットニュースでもさまざまな報道がなされているが、はたしてユーザーはこの件にどのような感想を持ったのか。そこで『週刊女性PRIME』ではユーザーへの独自アンケートを実施。岡本社長の謝罪会見への評価や、松本人志・加藤浩次ら声をあげたベテラン芸人たちへの評価、また吉本問題に限らず、のん(能年玲奈)や公正取引委員会から注意を受けたと報道されたジャニーズ事務所など、芸能界の“圧力”“パワハラ”問題に至るまで、正直な意見を聞いた。

 騒動のきっかけは、6月7日、雑誌『FRIDAY』によるカラテカ・入江慎也の仲介で、吉本興業所属芸人が詐欺グループの忘年会に出席したとの報道。対し、宮迫博之は『FRIDAY』の取材やTwitterで「ギャラはもらっていない」と否定。同じく田村亮もTwitterやラジオのレギュラー番組などで「ギャラはもらってない」と説明。だが実は虚偽だと判明し、7月20日に両名は会見。ここで宮迫と田村が、吉本興業上層部からパワハラを受けていたと話し、さらなる炎上を受けて7月22日、岡本社長が騒動後初めての記者会見を開いた。

 この件に関して、岡本社長の会見に「納得がいかない」と考えるユーザーは70%。「どちらでもない」が21%。「納得した」と答えたのは9%だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)