宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由

宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由

宇野昌磨

7月15日、全日本フィギュア強化合宿中の宇野昌磨から、驚きの発表があった。新シーズンにはメインコーチをつけずに臨むという決断をしたのだ。

「“1人でやれると思っている。1人だからこそ、今まで以上にうまくならないといけないと思う”と話していました。宇野選手は冷静でしたが、あまりの異例の発表に記者たちは驚きを隠せずにいましたね」(スポーツ紙記者)

 コーチ不在というのは、トップのフィギュアスケーターとしては危険な賭けだという。

「フィギュアスケートには、常にプロの目線が必要だと言われています。コーチは技術指導を行うだけではありません。本人がビデオを見ても気づかないクセを教えてくれるし、客観的な視点を持つという面でも重要な存在です。コーチをつけないという選択は、かなりのリスクですね」(フィギュアライター)

 宇野が重大な決断をしたのは、どんな理由からなのか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)