元Jr.が語ったジャニーさんの“審美眼”「僕、丸刈りですきっ歯だったのに」

元Jr.が語ったジャニーさんの“審美眼”「僕、丸刈りですきっ歯だったのに」

ジャニー喜多川さん

ジャニー社長の死去は、業界関係者や元ジャニーズJr.にまで波紋が広がっている──。今回は、元Jr.にも社長の秘話について緊急インタビューを実施。さらに、帝国を築いたカリスマが生前、莫大な資産の一部を“とある人”に贈与していたことがわかって……。

「ジャニーさんの自宅にも、何度か遊びに行ったことがありますが、Jr.のために必ず最新のゲーム機を用意してくれているんです。お腹がすいたら、近くの中華料理店やファミリーレストランからデリバリーもしてくれました。

 たまに“ユー、明日の洋服ないでしょ。買っておいで”と、お小遣いをくれてみんなで洋服を買いに行ったりもしました。ジャニーさんのJr.に対する愛情はとても深かったですね」

 そう語るのは’14年に退所した元ジャニーズJr.の田中斗希。コミュニケーションをとるときは、いつもJr.の目線で接してくれたという。

「基本的に僕らは学校での出来事や、ほかのJr.と遊びに行った話をしていましたが、ジャニーさんも仕事の話などはせずに、僕たちの話をよく聞いてくれていました。そんな雰囲気なので“ねーねー、ジャニーさん”のように、甘えさせてくれる存在でしたね。たまにジョークも言うし、僕たちの話を聞いて爆笑したりもしてくれました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)