井ノ原快彦、『特捜9』の集いをドタキャンのウラに“消えぬ現場の不和”

井ノ原快彦、『特捜9』の集いをドタキャンのウラに“消えぬ現場の不和”

井ノ原快彦'

井ノ原快彦が主演を務めていたドラマ『特捜9 season2』(テレビ朝日系)が最終回を迎えてから約1か月が過ぎた7月17日。下北沢のライブハウスには、ドラマで井ノ原の部下を演じた田口浩正の姿があった。

「田口さんは音楽活動もしているんですよ。高校時代の同級生たちとやっている『THE8343』(ザ ヤサシサ)というバンドです。東日本大震災の後、自分にできることはないかと考えて結成したそうです。最近は都内で演奏しています」(音楽ライター)

 そしてこの日のライブには、『特捜9』のキャストやスタッフたちが田口の応援のために集合したのだった。

「『特捜9』は'18年に始まった刑事ドラマ。前身は'06年から'17年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』で、渡瀬恒彦さんが主演を務めていました。井ノ原さんは渡瀬さん亡きあと新たな座長となり、彼のポジションに寺尾聰さんが就いたんです。しかし、シーズン2でそれまでの監督を若い人に代えたことで現場がギクシャクしはじめ、一部のキャストとスタッフに不協和音が生じました。打ち上げに津田寛治さんが来なかったのも、それが理由のひとつだと言われています」(テレビ朝日関係者)

 田口のライブにも津田は姿を見せないのかと思いきや、なんと彼が会場に一番乗り。吹越満、羽田美智子、原沙知絵などの前作からのキャストや新メンバーの山田裕貴も次々と中へ入っていく。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)