八村塁&安部裕葵、注目を浴びるスポーツ界の若きスターが海外名門クラブから凱旋

八村塁&安部裕葵、注目を浴びるスポーツ界の若きスターが海外名門クラブから凱旋

八村塁(左)、安部裕葵(右) 撮影/本誌写真班

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 27.0px Helvetica}


p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 27.0px Helvetica}

「ちんちんかいかい」

 身長203センチの巨体に似合わず、照れたように好きな方言を口にした八村塁(21)。出身の富山弁で正座を意味する言葉だが、思わず正座を崩してしまうような驚異的な活躍で日本に戻り、日清食品とのスポンサー契約発表会に登壇した。

 ベナン人の父譲りの恵まれた身体で、アメリカのプロバスケットボールリーグ(NBA)に日本人で初めてドラフト1巡目に指名され、「ワシントン・ウィザーズ」に入団。早くも頭角を現し、8月開幕のW杯や来年の東京オリンピックでの活躍も期待されている。

 ちょうど同じころ、スペインのサッカークラブの超名門「FCバルセロナ」に移籍した安部裕葵(20)も帰国。

 親善試合で、ヴィッセル神戸や英国の強豪・チェルシーと対戦するためチームに帯同した。チェルシー戦はケガの影響で出場機会はなく、ベンチ横でもどかしそうな表情を見せるばかりだった安部。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)