中川晃教が挑む、怪人の “新解釈” は「盗めないものに出会うこと」

中川晃教が挑む、怪人の “新解釈” は「盗めないものに出会うこと」

中川晃教 撮影/齋藤周造

江戸川乱歩の『怪人二十面相』が、オリジナル・ミュージカルになる。乱歩が生み出したゾクゾクするような世界観を活かしつつ、森雪之丞さんが大胆なオリジナル・ストーリーで作・作詞・楽曲プロデュースを手がけた新作ミュージカル『怪人と探偵』。この作品で怪人役を務めるのが、圧倒的な実力を誇る中川晃教さんだ。

「僕は前にも『SONG ?WRITERS』という作品で雪之丞さんと組ませていただいたんですが、とても大きな情熱をお持ちの方。そして独特の“雪之丞ワールド”を確立されているんです。江戸川乱歩が醸し出す昭和の匂いだとか、怪人二十面相や探偵の明智小五郎というキャラクターやその感情も、日本人が容易に想像しうるものですよね。だからすごく日本的なはずなんだけど、どこか純日本とは違う、独特の世界観が広がっていると感じます。大人も子どもも楽しめるエンターテイメント性に乱歩独特のカッコよさがあって、そこに雪之丞さんのカッコよさが掛け合わされ、化学反応を起こしているんです」

 今回の怪人は、もちろん不敵でミステリアスながら、これまでのイメージにはなかった顔も見せる。

「いままで怪人二十面相はいろいろなメディアで語られてきたけれども、本格的なミュージカルは初めて。そして今回の新解釈が面白いのは、二十面相が恋をするというところです。何でも盗めた男が、盗めないものに初めて出会う。それが形のない愛である、というのが面白いでしょ? だからいままで誰も見たことがない、初めての怪人二十面相がお見せできたらいいな」

 本作での怪人は、財閥御曹司の竜太郎という顔を持ち、元子爵令嬢リリカ(大原櫻子)に恋をする。そして名探偵・明智小五郎(加藤和樹)と対決することに。このダークヒーローは、いったいどんな人間?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)