自己分裂したままの矛盾からつくり出された文学

フランス文学者で、明治大学教授の鹿島茂(かしま・しげる)さんは、ヴィクトル・ユゴーの思考には、「光と闇」「美と醜」といった互いに相反するものの共存という様態が見られると指摘します。その理由は、彼自身の生い立ちにありそうです。




* * *




ヴィクトル・ユゴーは、1802年、共和国陸軍の大隊副官である父ジョゼフ=レオポール・ユゴーとヴァンデ地方の王党派の家系に連なる母ソフィーの間に生まれました。そんな正反対の政治思想の二人がなぜ結婚したかというと、ヴァンデの反革命軍鎮圧に派遣されたユゴー大隊副官が、そこで出会った敵方の娘ソフィーに一目惚れしてしまったからです。



しかし、この結婚には初めから無理があり、何につけても正反対の夫婦はすぐに不仲になります。夫はナポレオン軍の転戦に次ぐ転戦で自宅にはほとんど戻らず、任地で愛人を囲っていたこともあり、夫婦仲は最悪の状態となりました。妻は妻でヴィクトル・ラ・オリー大佐という愛人をつくり、身ごもった三人目の子に愛人と同じヴィクトルという名前をつけたのです。ユゴーは長い間、自分が父の子ではなくラ・オリーの子ではないかと疑っていたようです。



ちなみに、この貴族的なやさ男の愛人はのちにソフィーにけしかけられ、ナポレオンへのクー・デター計画に参加して失敗し、銃殺されることになります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)