今の時代に茶道を学ぶ意味

今の時代に茶道を学ぶ意味

撮影:亀村俊二

2015年6月から2017年12月まで2年半かけて行われた、藪内家の家元襲名披露茶事。『NHK趣味どきっ!茶の湯 藪内家 茶の湯五〇〇年の歴史を味わう』では、新たに家元に就任した藪内 紹智(やぶのうち・じょうち)さんが、「古儀茶道」と呼ばれる藪内家の歴史や伝統を改めて紹介します。「堅苦しく考えすぎず、自然体でおいしいお茶を楽しんでほしい」と話す藪内さんに、今、茶道を学ぶ意味とは何かを伺いました。




* * *




今日、伝統文化の世界はいずれも人口減少が続き、苦境に立たされています。茶の湯は「茶を喫する」という生活に根ざした文化であり、そこから芸術性・文化性が昇華したものだと考えます。しかし、茶の湯のベースである日本古来の建築、つまり畳の部屋は減る一方で、茶道を学んだからといって実生活にそれが生かせるかというと難しい部分があります。では現代において茶道を学ぶ意味とはどこにあるのでしょう。



茶会ではさまざまな道具を組み合わせます。他にも茶室や露地などもあり、さまざまな知識が必要だと感じています。それゆえ、皆さんが茶道に興味を持ち始めるきっかけもさまざまです。私は若宗匠時代からカルチャーセンターの茶道講座の講師を務めています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)