病棟の恋–病臥する歌人が詠んだ恋の歌

さまざまな恋の歌を「未来」選者の黒瀬珂瀾(くろせ・からん)さんが紹介する「恋のよみかた・うたいかた」。2月号は「病棟の恋」と題し、病を得た歌人が紡ぎ出した切ない歌の数々をお送りします。




* * *




草原にありし幾つもの水たまり光ある中に君帰れかし
河野愛子『木の間の道』


作者が眺めている草原には幾つもの水たまりがあり、陽(ひ)の光を輝かしく反射しています。「君」はどうか健やかに光の中へ帰ってください、という思いの歌です。「かし」は強調の終助詞なので、「帰れかし」は「帰ってください」という強い願いの意味になります。この歌が詠まれた昭和二十四年当時、作者は結核のために長期入院を余儀なくされていました。病のために弱っている私の見舞いに来てくれた「君」が、病院から帰ってゆく姿を病室の窓から見送っているのです。君は光の中へ帰ってほしい、という思いはやはり、自分自身は病という苦の中にいる、という意識から生まれたものでしょう。病棟生活の中で詠まれた、光と影が交錯する、切ない相聞の一首です。



妻と称ぶ日などのありや顎の下を剃りくるる指に葱のにほひす
滝沢 亘(わたる)『白鳥の歌』


肉体(からだ)もて愛し得ぬことも侮辱ならむ風となる夜半に赤き本閉ず



先にあげた河野は幸いにして健康を取り戻しましたが、同じく結核患者であった滝沢亘は昭和四十一年、サナトリウムで四十歳の生を閉じました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)