敵が取られたら困る石から攻める!

敵が取られたら困る石から攻める!

敵が取られたら困る石から攻める!の画像

『NHK囲碁講座』の別冊付録「寺山怜の自由に打つためのポイント講座」では、寺山怜(てらやま・れい)五段の楽しいコラムと三択形式の問題&解答をお届けしています。2月号は「カラミ攻めは重い石から」と題し、弱い石を見極めるポイントを指南します。




* * *




先日、初めてNHK杯テレビ囲碁トーナメントの解説(2017年12月3日放映)を務めました?。困ったことに細かい碁になり(笑)、汗が吹き出しました。おまけに「際どくはないだろう、2目半くらいの差かな」と予想していたら、なんと半目勝負。緊張していたのかもしれません。



でも、勝ち負けまでは間違えません。これは自信があります。対局者の様子でだいたいどちらの勝ちかは分かるものです。ぼくの目にもくらーく見えるんですよ、負けそうな棋士の顔は(笑)。



一力遼八段に関してはとてもよく分かります。彼は形勢判断が正確ですから、自信たっぷりな表情ならまず負けません。対局しているときなども参考にできそうですね。彼が堂々とした様子なら、「あ、ぼくが今、形勢不利なのか」と。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)