達人に聞く! マルチをきれいにはがすワザ

達人に聞く! マルチをきれいにはがすワザ

マルチから5〜10cm離れた場所にスコップをさし込んで軽く掘り起こす。こうして周囲の土を軟らかくしておくと、マルチをはがしやすくなる。撮影:成清徹也

野菜作りのプロにして、栽培指導の達人が教える、ワンランクアップのテクニック。3月号「達人に学ぶ 今月の管理作業」では、マルチをきれいにはがす方法を体験農園園主・東京都指導農業士の加藤正明さんに教えていただきます。




* * *



\r\n■壱 周囲の土をほぐす!\r\n


栽培後のマルチをはがすとき、力まかせに引っ張るとマルチが破れ、切れ端が土の中に残ってしまうことがあります。特にすその部分は土の重みではがしにくいため、まずは周囲にスコップをさし込み、土をほぐしましょう。また、マルチの表面に落ちているなどをあらかじめ取り除いておくと、あとで拾い集める手間がかからず、土に混入することもありません。


\r\n■弐 小さくまとめる!\r\n


マルチの周囲の土をほぐしたら、すその近くを手で持ち、斜めに軽く引っ張るときれいにはがせます。このとき、端の一辺だけ土に埋めたまま残しておき、反対側から引っ張りながら、手の中でクルクルと、きつめに巻いていきます。こうすると、かさばりがちなマルチがコンパクトにまとまり、処分しやすくなります。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年3月号より

1

関連記事(外部サイト)