茶事とは何か

茶事とは何か

濃茶点前は茶事のハイライト。亭主が心をこめて練る一碗の濃茶を客は分かち合う 撮影:亀村俊二

藪内家の家元襲名披露茶事は2015年6月から2017年12月まで、2年半かけて執り行われました。この「茶事」とはどのようなものなのでしょうか。藪内流宗家14世家元の藪内 紹智(やぶのうち・じょうち)さんに教えてもらいました。




* * *




茶の湯を稽古する、それは自らが茶事を行う術を身につけていくといっても過言ではありません。「お茶の醍醐味(だいごみ)は茶事にある」ともいわれます。



茶事は季節や始まる時刻によって順序が異なりますが、大きくは炭点前、懐石、濃茶、薄茶で構成されています。茶事の種類は「正午の茶事」と呼ばれる正午に始まる茶事が最も正式な茶事とされていますが、朝に行われる「朝茶事」、冬の夜に好んで行われる「夜込(よごめ)の茶事」、その他刻限に定めのない「時外れの茶事」など始まる時間によって分けられています。



正午の茶事でも炉の時期(十一月〜四月)と、風炉の時期(五月〜十月)では順序が違います。炉の場合は、最初に炭点前があります。炉の時期の釜は風炉に比べて大きいですから、湯が沸くのに時間がかかります。そのため釜の湯が沸く時間を利用して、懐石となります。懐石が済むと濃茶、最後は薄茶となります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)