茶事に招かれたら–客の作法

茶事に招かれたら–客の作法

客は席に入ると床の前に進み、扇子を前に置いて一礼し、床の間の掛け軸や花などを拝見する。床の間前一畳はあけて座り、拝見する 撮影:竹前 朗

茶事に招かれたときの心構えと留意すべきことを、藪内流宗家14世家元の藪内 紹智(やぶのうち・じょうち)さんに伺いました。




* * *



\r\n■茶事に招かれたら\r\n


茶事に招かれるということは、亭主にとってかけがえのない茶友ということです。事前に内々の茶事への招きの打診があり、その後正式に封書で「御茶一服差し上げたい」という旨の案内状が届きます。そこには茶事の趣旨・場所・時間が書かれており、連客の名も添えられています。客はそれを承り、なるべく早く返信をします。前日には前礼と言って招く側の亭主を訪問し、茶事に招かれたことへの礼を述べます。これはお礼の気持ちを伝えるのと同時に、当日にかかる所要時間などを調べる意味があります。準備に忙しい亭主に迷惑がかからないよう、この日の挨拶は玄関先で手短に済ませるようにします。



服装は派手なものは避けます。男女とも、茶事には和服がふさわしいです。男性は袴(はかま)をつけ羽織は着用しません。女性も羽織は着用しません。茶事の趣旨によって男性は紋付、それも五つ紋、三つ紋、一つ紋とさまざまです。女性の場合は訪問着、付け下げなどがあります。これも茶事の趣旨に従えばよいでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)