『法華経』成立の背景

『法華経』成立の背景

『法華経』成立の背景の画像

『法華経』は、釈尊(しゃくそん/お釈迦〈しゃか〉さま)が亡くなって500年ほど経った頃(1世紀末〜3世紀初頭)に、インド北西部で編纂(へんさん)されたと考えられています。『法華経』の説く思想は、この時代、特に当時の仏教界が直面していた課題と密接に関係しています。そこで、まずはインド仏教史の概略からお話しすることにしましょう。これを知っておくと、『法華経』という経典の位置づけが分かり、内容もぐっと理解しやすくなります。解説してくださるのは、仏教思想研究家の植木雅俊(うえき・まさとし)さんです。




* * *




最初は原始仏教の時代です。原始仏教とは初期仏教ともいい、釈尊在世(中村元〈はじめ〉先生によると、前463〜前383)の頃、および直弟子たちがまだ生きている頃の仏教を指します。



紀元前3世紀頃、インド亜大陸をほぼ統一したアショーカ王の命により、息子(あるいは弟)のマヒンダによってセイロン(現スリランカ)に仏教が伝えられました。アショーカ王の妻の出身地が西インドで、マヒンダはそこで話されていたパーリ語の仏典をセイロンに伝えたため、ここにパーリ語で原始仏教が保存されることになりました。釈尊の生の言葉に近いものが残ったわけで、これは後世の我々にとって本当に幸運なことでした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)