釈迦入滅後に仏教はどう変わったか【前編】

釈迦入滅後に仏教はどう変わったか【前編】

釈迦入滅後に仏教はどう変わったか【前編】の画像

仏教は釈尊滅後500年の間に大きく変容しました。何がどう変わったのか、仏教思想研究家の植木雅俊(うえき・まさとし)さんが、具体的なポイントを五つ指摘します。




* * *



\r\n■1 修行の困難さの強調と釈尊の神格化\r\n


原始仏教の経典『スッタニパータ』では、覚りは「まのあたり即時に実現され、時を要しない法」とされていました。生まれ変わって長年修行する必要などなく、今すぐあなたは覚ることができます、という即身(そくしん)成仏、一生(いっしょう)成仏が説かれていました。ところが部派仏教の時代になると「歴劫修行(りゃっこうしゅぎょう」という言葉が出てきます。「劫」というのは天文学的に長い時間の単位のことで、非常に長い時間をかけて修行をしてやっとブッダになれるということを意味する言葉です。その長さは具体的には「三阿僧祇劫(さんあそうぎこう)」とされ、これは現代の数字に換算すると、私が計算したところでは3×10の59乗×10の24乗年、すなわち3のあとに0が八十三個続くという膨大な年数でした。そんな、想像を絶するような長い時間をかけて修行して、釈尊はやっと仏になったのだと神格化したわけですね。釈尊を祭り上げることによって、ついでに自分たち出家者を、それに次ぐ者として権威付けしたのです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)