誰でも成仏できると説いた『法華経』

誰でも成仏できると説いた『法華経』

誰でも成仏できると説いた『法華経』の画像

『法華経』は、“出家と在家”や“男性と女性”といった区別なく、人間は誰でも一人残らず成仏できると説いたお経です。この特徴は、第一章から如実に表れています。仏教思想研究家の植木雅俊(うえき・まさとし)さんが読み解きます。




* * *




まずは第一章「序品(じょぼん)」(第一)です。序品は次のような言葉で始まります。



このように私は聞いた。ある時、世尊(せそん)は、1200人の男性出家者の大集団(比丘僧伽〈びくそうぎゃ〉)とともに、王舎城(おうしゃじょう)の霊鷲山で過ごしておられた。



仏教のあらゆる経典は、「このように私は聞いた(如是我聞〈にょぜがもん〉)」で始まります。これは、釈尊が亡くなったあと弟子たちが教えを確認しあう仏典結集を行なった際、釈尊に常に随行していた多聞(たもん)第一の阿難が、まず「私はこのように聞きました」と切り出して、自分が覚えている釈尊の教えを語ったことから定着した形式です。1200人の弟子と一緒だったというのも多くの経典に共通した書き出しで、数字は1250人とするのが一般的です。



続けて、主な弟子たちの名前が列挙されます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)