「ソロモンの指環」とは何なのか

『NHK 100分de名著 for ティーンズ』で作家・瀬名 秀明(せな・ひであき)さんが解説する作品は、オーストリアの動物行動学者コンラート・ローレンツの『ソロモンの指環』です。タイトルの「ソロモンの指環」とはいったい何なのでしょうか。




* * *



\r\n■「私はここよ、あなたはどこ?」\r\n


オーストリア出身の動物行動学者、コンラート・ローレンツ(1903〜89)の『ソロモンの指環(ゆびわ)』は、まず読み物としてとても面白い本です。もともと若い人向けに書かれた本だということですから、今回の「for ティーンズ」というテーマにもふさわしいでしょう。



みなさんが、これからもし科学というものを好きになったとしたら、どこかで必ずローレンツの名前を聞くことになると思います。いまこの本を読めば、たぶん科学が好きになるだろうと思いますし、ひょっとしたら、やがて研究者になる人もいるかもしれません。ぼく自身は大人になってから読んだのですが、もし誰かにすすめられて十代の頃にこの本を読んでいたら、いまよりも大きな影響を受けていたことでしょう。子どもから大人までの読者に、これから先、いつまでも読み継がれてゆく名著だと思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)