渋沢栄一が唱えた「合本主義」とは

渋沢栄一が唱えた「合本主義」とは

渋沢栄一が唱えた「合本主義」とはの画像

渋沢栄一には、よく「日本資本主義の父」という枕詞(まくらことば)が使われます。「渋沢の功績を分かりやすく伝えるキャッチフレーズですが、実は彼自身は『資本主義』という言葉を一回も使ったことがありません」と指摘するのは、作家で中国古典研究家の守屋 淳(もりや・あつし)さん。渋沢は、自らが理想として掲げていた経済システムを、資本主義ではなく「合本(がっぽん)主義」と呼んでいました。あまり耳にしない言葉ですが、合本主義という名前も、その仕組みも彼が考案したものです。合本主義とは何か、守屋さんにうかがいました。




* * *




「合本主義」の合本とは、「本(もと)を合わせる」という意味です。「本」は資本を指し、具体的には、カネ、モノ、ヒト、知恵などが含まれます。合本主義のほかにも、渋沢は「合本組織」「合本法」というように、いろいろな場面でこの「合本」という考え方を使いました。



合本主義とは何かを理解するために、まずは私たちになじみの深い、資本主義との違いを見てみましょう。



「資本主義」を国語辞典で引いてみると、たとえば次のような説明がなされています。


「生産手段を資本として私有する資本家が、自己の労働力以外に売るものを持たない労働者から労働力を商品として買い、それを上回る価値を持つ商品を生産して利潤を得る経済構造。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×