しょうが好きのしょうが焼き、キャベツのおいしいしょうが焼き

しょうが好きのしょうが焼き、キャベツのおいしいしょうが焼き

ガッツリ味で食べごたえ抜群! しょうが好きのしょうが焼き 撮影:邑口京一郎

つくってみたい、あの料理。でもレシピによって材料もつくり方もさまざま。「何が違うの? どっちが正しいの?」なんて迷ってしまうこと、ありませんか?……それ、「どっちも正しい」んです! 連載「あなたはどっち えらべるレシピ」では、好みで、気分で、自由に選べてどっちもおいしい!レシピをご紹介します。




* * *




今月はスタミナ抜群、豚肉のしょうが焼き。しょうがの香りが食欲をそそります。定番の肩ロース肉やロース肉のほかに、こま切れ肉を使うこともあるけれど……調理のしかたや味つけは同じでいいの? 料理研究家の重信初江(しげのぶ・はつえ)さん、教えてください!


\r\n■肉のタイプに合った味つけでワンランクアップ!\r\n


しょうが焼き用の豚肩ロース肉や豚ロース肉は、しっかりとした食べごたえが魅力! 肉の力強さを生かして、うちではパンチを効かせた「野郎な」しょうが焼きにするのが定番です。せん切りしょうがとおろししょうが、Wのしょうが使いで、バシッと辛い!ので、はちみつで甘みもガツッと効かせます。一方、豚こま切れ肉でつくるしょうが焼きは、なめらかで柔らかく、食べやすいのが魅力。ベーシックなやさしい味つけにして、せん切りキャベツとからめて食べると、ノンストップなおいしさです。



※つくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKきょうの料理ビギナーズ』連載「あなたはどっち えらべるレシピ」2021年6月号より

1

関連記事(外部サイト)