わが家に合ったおいしい品種を選ぼう ブルーベリー栽培の第一歩

わが家に合ったおいしい品種を選ぼう ブルーベリー栽培の第一歩

撮影:田中雅也

ブルーベリーには、暑さに強く寒さに弱い品種と、暑さに弱く寒さに強い品種があります。「わが家に合ったおいしい品種を選ぶことが最初のステップです」とアドバイスするのは、東京農業大学グリーンアカデミーの福田 俊(ふくだ・とし)さんです。




* * *




品種を選ぶ前に、ブルーベリーは、1株(1品種)では実がつかないことを知っておきましょう。実をつけさせるには、同じ系統で2品種以上を一緒に育てます。花にくる虫が花粉を運んで、異なる品種間で受粉させることで実がつくのです。



系統は大きく分けて「ハイブッシュ系」ち「ラビットアイ系」があります。ハイブッシュ系はさらに、サザンハイブッシュ系と、ノーザンハイブッシュ系に分かれます。どちらも同じハイブッシュ系なので、サザンとノーザンの組み合わせも大丈夫です。 また、ブルーベリーには早生(わせ)種から晩 生(おくて)種まであり、収穫期は異なりますが、開花期間が長いので、早生種と晩生種の組み合わせでも受粉できます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)