30歳の主人公、17歳の教師に出会う

30歳の主人公、17歳の教師に出会う

30歳の主人公、17歳の教師に出会うの画像

本を読むこと、本を所有することが禁じられた近未来世界。本を持っていることが当局に知られると、「ファイアマン」が駆けつけ、本を家ごと焼却してしまう。そんな世界で誇りをもって忠実に職務に励む一人のファイアマン、モンターグが、本を燃やす仕事とそれを必要とする社会のあり方に疑問を抱くようになり、しまいには社会を捨て、本を守り伝える人間として生きていくことを決意する??レイ・ブラッドベリの『華氏451度』は、モンターグの成長物語であり、作中には彼を導く“教師”が登場します。最初の教師として現れるのは17歳の少女、クラリスでした。名古屋大学大学院情報学研究科教授の戸田山和久(とだやま・かずひさ)さんが、モンターグとクラリスが出会う場面を読み解きます。




* * *




前回も述べたように、この小説はモンターグの成長物語でもあり、私は今回、その枠組みに沿ってみなさんとこの作品を読み進めていこうと思っているのですが、心が白紙状態の男が成長するには教師が必要でしょう。フェーバーは実際に元教師だった人物ですが、モンターグはフェーバー以外にも何人かの「教師」と出会い、彼らとの出会いを通じて「体制順応主義者の地獄」から脱出していきます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)