広瀬章人八段の修業時代

広瀬章人八段の修業時代

撮影:河井邦彦

プロ棋士の強さの秘密を知りたい。どんな方法で強くなったのか。どうしてその方法を選んだのか。そして、なにを目指してどこまで強くなろうとしているのか──連載「わが道をゆく〜強くなるためのメソッド〜」第4回に登場するのは、広瀬章人(ひろせ・あきひと)八段です。



文/高野悟志




* * *




かつて「振り穴王子」と呼ばれ、振り飛車穴熊を主軸に王位のタイトルを獲得した広瀬。今は居飛車党本格派のトップ棋士として活躍している。


\r\n■兄に勝ちたい一心で\r\n


「将棋を覚えたのは5歳ぐらい。2歳上の兄と一緒に覚え、すぐ夢中になりました。勉強は主に実戦で、他には通っていた教室の宿題をやっていたくらいです。基本的には兄の方が強かったので、勝ちたい一心でした」



小学3年で埼玉県から北海道へ転居。北海道の棋界は、桜井亮治さんと新井田基信さん(故人)が指導者として有名で、その教えを受けて棋力を伸ばした。



「北海道時代も基本的には実戦。道場では何十局と指す日もあった。実戦以外だと、大会では新井田さんの対局の隣に座り、棋譜を書いていました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)