広瀬章人八段の修業時代

生活環境は変わり、勉強時間も減ったという。



「それでも状況に応じた勉強法を工夫しながらやっています。詰将棋を解く量は増えましたね。子どもの面倒を見ながらできるので」



※続きはテキストでお楽しみください。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。



■『NHK将棋講座』2021年7月号より

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)