上手に冬越しさせるコツ

上手に冬越しさせるコツ

寒さが厳しいからといって、ポリフィルムなどのシートをかけてはダメ。不織布や防虫ネットで防寒すれば十分。

冬越し野菜とは、秋から初冬に栽培を始め、冬を越させて翌春以降に収穫する野菜のこと。主なものにイチゴ、エンドウ、ソラマメ、タマネギ、ニンニクなどがあります。ダイコンやキャベツなどにも、冬越し野菜と同様に11〜12月に栽培を始める作型がありますが、これらは冬越し野菜とは呼びません。違いは、生育に寒さが必要かどうか。冬越し野菜には、寒さに当たることで収穫できる性質があるのです。上手に冬越しさせるコツを、恵泉女学園大学人間社会学部教授藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。




* * *




寒さが厳しくなるなかで栽培を始める冬越し野菜。ポイントを押さえて、寒さを乗り切りましょう


\r\n■1 適期を守って栽培スタート\r\n


冬越し野菜は、ほかの野菜と比べて栽培スタートの適期が非常に短いのが特徴です。スタート時期が早すぎると株が大きくなりすぎ、遅すぎると株が小さすぎる状態で冬を迎えてしまい、うまく育たなくなります。


\r\n■2 適切なサイズで冬越しさせる\r\n


冬越し野菜には種類ごとに、最も耐寒性が強い大きさがあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)