秋バラは、1年間バラを管理してきたことへの「最後のご褒美」

秋バラは、1年間バラを管理してきたことへの「最後のご褒美」

横浜イングリッシュガーデンに咲く秋バラのひとつ、アルパイン・サンセット。著書『バラ講座』(NHK出版刊)の表紙を飾ったバラで、春は華やかかつ重厚に、秋はちょっと軽やかに咲く。暑さに弱くやや育てにくい。試練を乗り越えて咲いた秋の花に思わず「お疲れさま」とひと声かけたくなる。撮影:桜野良充

11月は秋バラの美しい季節です。華々しくにぎやかな春の花に比べ、厳しい夏を乗り越えて咲く秋の花は、花色、花形とも深みを増した印象です。横浜イングリッシュガーデンの植栽や管理を手がける園芸家の河合伸志(かわい・たかし)さんに、秋バラの魅力を伺いました。




* * *



\r\n■バラはガーデンの絶対的エース\r\n


困ったことに私はほとんどの花が好きで、「だったら手のかかるバラはやめよう」と毎回思うのですが、その決意は簡単にくずれ去ります。



「なぜだろうか?」。その理由を考えると3つありました。1つ目は、「主役を張れる花」であることです。庭づくりが好きな私にとって、バラはまさに安心感をもってまかせられる、絶対的なエースなのです。適切な管理をすれば、多くの品種は年に何度も花を咲かせるという利点もあります。



2つ目は「多様性」です。バラは一般に華美な印象ですが、なかには地味な色の花から、野趣に富んだものまでじつにさまざまです。その場面に適合できる花が、必ず見つかるのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)