店主との会話も楽しい! 日本三大朝市の町、勝浦を歩く

店主との会話も楽しい! 日本三大朝市の町、勝浦を歩く

「いつからお店を?」「嫁に来たときから、もう50年(笑)」。そんなやり取りが楽しい時間。撮影:富貴塚悠太

海に囲まれた島国、日本。全国の津々浦々にある港町は古くから、海流が運ぶ海の幸やさまざまな文化が集積する人と物の交流の場でした。そんな港町ならではの風光が味わえるのが、各地で開かれている朝市。土地の人とのふれあいや市の歴史を通して、より深く旅が楽しめる、歩き旅にぴったりのスポットです。日本三大朝市の町として知られる千葉県勝浦の歩き方を、旅行ジャーナリストの津田令子(つだ・れいこ)さんがガイドします。




* * *



\r\n■売り買いのやり取りで生まれる会話\r\n


朝7時。この日朝市が開催されていた遠見岬(とみさき)神社前の道には、もうたくさんの買い物客が集まっていました。元日と水曜日を除く毎日、朝6時から始まる勝浦の朝市は、毎月1日から15日まではここ下本町(しもほんちょう)朝市通りが、16日から月末までは高照寺脇に伸びる仲本町朝市通りが会場。特ににぎわう日曜には50軒ほどの露店が並び、近在の農家のお母さんたちが畑から採ってきた旬の野菜や、歩いてすぐの勝浦漁港で水揚げされた鮮魚などが、ズラリと並びます。



「勝浦は港町ですが、城下町でもあるんです。藩主の植村泰忠が商業発展のために開いた市が現在の朝市の始まりで、江戸時代には市内3か所で開かれていたそうです」



その歴史を教えてくれるのは、かつうら朝市の会会長であり、勝浦市まち歩き観光ガイド会長でもある江澤修さん。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)