歴史ロマンを体感できる古街道の歩き旅

歴史ロマンを体感できる古街道の歩き旅

両側に絶壁がそそり立つ「朝夷奈切通(あさいなきりどおし)」。1241年(仁治2)に鎌倉と六浦を結ぶ道として建設された。撮影:田渕睦深

古い道といっても、そこにはさまざまな種類があります。飛鳥〜奈良時代の古代律令国家によって整備された官道や江戸時代の街道・脇往還(わきおうかん)といった、当時の治世者が造った国道。あるいは、軍用路として整備された道や集落内の生活道路。いずれも、かつてその土地に生きた人々が造り、歩いた道です。そんな古街道に魅せられて、発掘調査や保存活動にも携わる古街道研究家の宮田太郎(みやた・たろう)さんに、古街道の定義や魅力についてお聞きしました。




* * *




案内人の宮田太郎さんによれば、「古街道」の定義とは「江戸時代より前、縄文から戦国時代までにできた街道」となります。それ以降、江戸時代から近代にできた道、主に徳川幕府が整備した街道は「旧街道」と呼んでいます。



「江戸時代の街道はせいぜい270年ほどの歴史しかありません。一方、古街道は縄文から戦国時代までが範疇なので、約5〜6000年というものすごく長い時代背景があります。古街道を探究することは、何千年もの日本の歴史や人々の暮らしを知ることにもつながるのです」



有名な参詣道である熊野古道の伊勢路も、古墳が点在する飛鳥の山辺の道も、山陰道・山陽道・東山道など古代の官道も、中世武士たちが駆けた鎌倉街道も、すべて古街道なのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)