海がないのに海鮮山盛り! 奈良の名物鍋のヒミツ

海がないのに海鮮山盛り! 奈良の名物鍋のヒミツ

この鍋を「日本版ブイヤベース」としてフランスの雑誌で紹介したのは、デザイナーの三宅一生さん。言い得て妙な言い回し。撮影:田渕睦深

奈良公園の一角に店を構える、明治時代から続く料亭。そこに、ちょっと変わった名物鍋が受け継がれています。海がない土地ながら海鮮をふんだんに使ったぜいたくな鍋。いったいいつ、どんな経緯で生まれたのでしょう。




* * *




明治期より多くの文人墨客(ぼっかく)に愛されてきた、奈良の歴史ある料亭。そこで今も受け継がれ、冬の間のみ供されているのが「若草鍋」です。漆の器に盛りつけられた豪華な具材に、思わず上がる歓喜の声。でも、同時に「なぜ、この鍋が奈良名物に?」と不思議に思う人も多いことでしょう。



確かに、「これぞ奈良」という食材が入っているわけでも、味つけがされているわけでもありません。それどころか、海のない土地にもかかわらず、魚介がふんだんに盛り込まれています。



「もともとは、店で使った食材の残りを用いたまかない料理として、大正時代に考案されたそうです。なので、作るたびに具材が違っていたとか。時折いらしていた志賀直哉さんのリクエストで作られた、という話が残っていますが、記録はなく、真偽のほどは定かではありません」と、4代目として料亭を切り盛りする大和隆さん。



「昭和に入ると、伊勢や京都などから具材を調達し、店の料理としてお出しするようになりました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)