春のお祝いに 華やかな春色のおすし

春のお祝いに 華やかな春色のおすし

撮影:鍋島徳恭

お祝いのテーブルを華やかに彩る、春色のおすし。本格的ながらも、やさしく家庭的なつくり方を、料理研究家の後藤加寿子(ごとう・かずこ)さんに教わります。




* * *



\r\n■春ちらし\r\n


混ぜ込む具の種類は少なめでも米にだしを加えて炊くことで、うまみ豊かに仕上がります。盤台がなくても上手につくれるので、ぜひお気軽に!


\r\n■\r\n
\r\n■ひな手まり\r\n


紅白の手まりに、小さな茶巾ずしを盛り合わせました。手まりずしの刺身は、どうぞお好みで


\r\n■はまぐりのうしお汁\r\n


ひな祭りのお椀(わん)には、カップルを表す二枚貝を使うのがしきたりです。「喜びが重なるように」と、1対の貝に2つの身をのせました。





※つくり方はテキストに掲載しています。



■『NHKきょうの料理』2022年2月号より

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?