日本で初めて猫が登場した文献は?

日本で初めて猫が登場した文献は?

3年目の姿 イラスト:雉○/Kiji-Maru Works

奈良時代後期、中国からやってきた猫は「唐猫(からねこ)」と呼ばれました。珍しい動物なので、まずは上流階級のペットになり、その愛らしい姿は歴代の天皇の心を癒やし、やがて『源氏物語』などの平安文学の小道具にも使われました。猫の存在が初めて文献上で確認できるのは、平安時代に編纂された『日本霊異記(にほんりょういき)】です。歴史作家で武蔵野大学政治経済研究所客員研究員の桐野作人(きりの・さくじん)さんが、日本最古の猫の記録を紐解きます。




* * *




『日本霊異記』は日本最古の説話集で、編者は奈良・薬師寺の僧、景戒(きょうかい)、上・中・下の3巻で構成されています。成立ははっきりしませんが、弘仁(こうにん)13年(822)とする説もあります。



猫(原文での漢字表記は「狸(たぬき)」)が登場する説話は上・第三十で、慶雲(けいうん)2年(705)の秋、9月15日の出来事を記したもの。死者の転生した姿が描かれています。



豊前国宮子郡(ぶぜんのくにみやこぐん/福岡県京都〈みやこ〉郡)の次官だった膳臣広国(かしわでのおみひろくに)という人が、急死した後に地獄めぐりをしたところ、そこで、すでに亡くなっている自分の父親と再会。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)