すき間が均等だと文字が整って見える!

すき間が均等だと文字が整って見える!

すき間がバラバラのNG文字 イラスト:八重樫王明

きれいな文字を書こうと思ったら、誰もが点画の形や大きさに注意を払うでしょう。しかし、点画と点画の間の「すき間」に注意を払っている人はどれほどいるでしょうか? 横浜国立大学教育学部教授の青山浩之(あおやま・ひろゆき)さんが文字の形が整って見える「すき間均等法」を紹介します。




* * *




隣り合うすき間の大きさを同じくらいにすると、バランスのとれた美文字になります。この法則を「すき間均等法」と呼んでいます。今回は、すき間均等法を使って文字のすき間を「治療」しましょう。



私たちは文字を見るとき、点画だけでなく、その間にできるすき間も見て「きれいだ」「バランスがいい」と判断しています。すき間が大きすぎると間延びした感じになるし、小さすぎると文字が潰れて見えます。大きさがバラバラだと、バランスよく見えません。


\r\n■すき間を均等に書く方法\r\n


漢字には、横画と横画の間のすき間もあれば、横画と縦画に囲まれたすき間、払いで仕切られたすき間もあります。それぞれの書き方のコツを見てみましょう。



横画どうしのすき間



横画が複数並ぶ場合は、上と同じ間隔になるように、すき間を見ながら1本ずつ書いていく。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)