将棋の豊島将之七段が自らについて語る 「昔は完璧に指すことを目指していた」

記事まとめ

  • 将棋の豊島将之七段、棋士になってから数年間は完璧に指すことを目指していたと言う
  • 豊島七段は「勝負師・研究者・芸術家」の割合では勝負師が圧倒的に多いと自己分析
  • 豊島七段が「この手順で詰ませたら綺麗」と思ったら相手もその順を選んでくれたことも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております