物語の『おおきなかぶ』はどんな品種?

物語の『おおきなかぶ』はどんな品種?

これがルタバガ。肉質は緻密(ちみつ)で、煮崩れしにくい。日本には、明治時代に飼料用として伝わり、良質なものが食用となったと言われるが、気仙沼市の大島では、江戸時代から栽培されていたとも伝えられる。撮影:田渕睦深

物語の『おおきなかぶ』はどんな品種?

熱いうちにつぶすと餅のような粘りが出るというルタバガご飯。作り方はテキストをご覧下さい。

「うんとこしょ! あそれ どっこいしょ!」



ブタやニワトリまで動員して引っ張っても、びくともしない大きなカブ。だれもが知っているあのお話のカブは、いったいどんな品種なのでしょう?




* * *



\r\n■ハロウィーンのランタンにもなった『おおきなかぶ』のモデル!?\r\n


日本の絵本では白く巨大に描かれる『おおきなかぶ』。モデルは日本一大きな聖護院(しょうごいん)カブ? と思いきや、この話はロシアの民話。ロシアやヨーロッパの絵本では、黄色いカブに描かれています。



どうやらこのカブは、「ルタバガ」のようです。「ルタバガ」は、スウェーデンが原産とされる、アブラナ科の根菜(こんさい)。「スウェーデンカブ」とも呼ばれますが、厳密には、カブとは別種の植物です。ロシアや北欧などでは身近な野菜で、ハロウィーンで灯をともす「ジャック・オ・ランタン」は、もとは「ルタバガ」で作られていました。祭りの起源であるアイルランドからアメリカに伝わった後に、カボチャに変わったのです。



「『ルタバガ』は、日本にも古くからあるんですよ。宮城県気仙沼市の大島という離島では、『大島カブ』の名で、栽培されています」。と山形でイタリア料理店を営む傍ら、伝統野菜の種の保存に取り組む奥田政行(おくだ・まさゆき)さんに教えられて調べてみると、岩手県一関市でも、一度は途絶えたルタバガ栽培が復活し、「矢越(やごし)カブ」の名で作られていました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)