緊張感とスリルが味わえる横歩取り

緊張感とスリルが味わえる横歩取り

撮影:藤田浩司

4月からお届けしてきた「村山慈明の知って得する序盤術」も、9月号で最終回となりました。最終月は大駒が派手に飛び交う「横歩取り」を解説します。本稿では、講師の村山慈明(むらやま・やすあき)NHK杯に、横歩取りにまつわる思い出を伺いました。




* * *


?
\r\n■スピード感が魅力 苦い思い出も\r\n


私が小学生のころ、通っていた道場で横歩取りが流行して、子ども同士でよく指していました。子どもは展開が遅いと退屈してしまうもの。横歩取りはすぐに激しい戦いになるから面白いんですね。苦い思い出もあります。大人の方と横歩取りを指して、△4五角戦法をやられたときは驚きました。当然、定跡を知りませんから、途中で変な手を指してしまってボロボロに。「こういう将棋も知らないとダメなんだ」と痛感して、定跡書で勉強したことが記憶に残っています。


\r\n■怖いもの知らずから「怖い戦型」へ\r\n


自慢になりますが、私は棋士になってから数年間、横歩を取って負けなしでした。おそらく「怖い」という意識がなかったからだと思います。ちなみに連勝は12まで伸びたのですが、これを止められた相手は松尾歩八段。ご存じ、横歩取りのエキスパートです。



いまはというと、怖い戦型だと思います。プロでも横歩取りは怖い! 事前研究のウエイトが大きく、レールに乗せられてしまうと、力を出す場面がないまま終局することも多いですから。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)