井山裕太七冠の師匠愛

井山裕太七冠の師匠愛

イラスト:石井里果

井山裕太七冠が尊敬する棋士として公言しているのが趙 治勲名誉名人。「悪い気はしません」とまんざらでもない趙 治勲名誉名人が、井山七冠から感じる愛の正体とは?




* * *




井山裕太からは愛を感じます。あったかい愛を。碁を打つと情け容赦なくやっつけられますが、なんていうかな、愛を感じるんですよ。



自慢じゃないけど、ぼくのことを尊敬しているって公言しているみたい。あぜんとしたね。井山はどこか悪いんじゃないかと心配になったですよ。だったら対局のときに証明してもらいたいものだけど(笑)。まあ、悪い気はしません。ただ、快く思っていない人物がぼくの知る範囲で一人だけいました。井山の師匠、石井邦生九段です。



「師匠は私なのに趙治勲が好きだとか、尊敬しているとか言い回っているらしい。本当に困ったやつだ。師匠はこの私なのになあ」と少々ご立腹みたい(笑)。でも、石井さんに伝えてあげたい。井山は誰よりも、心の底からあなたを敬っていますよ、と。



石井さんに対する尊敬と感謝の気持ち、それに愛は、とても強く感じます。何年前だったか、井山の防衛戦の立会人を引き受けたときのことです。対局前日の移動の際、タクシーに井山と一緒に乗りました。するとね、彼がこう話しかけてきたんです。



「うちの師匠が今度当たることになったので、よろしくお願いします」いつも鈍感なぼくも、このときはすぐに察しがつきました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)