片岡聡九段、善悪を超えた一手

片岡聡九段、善悪を超えた一手

撮影:小松士郎

片岡聡九段、善悪を超えた一手

片岡聡九段、善悪を超えた一手の画像

連載「シリーズ 一手を語る」、今月は、おしゃれでダンディな片岡聡(かたおか・さとし)九段のご登場です。最近は「若手キラー」の異名をとる片岡九段。ご自身の若かりしころを振り返り、「節目となった」印象深い一手について語っていただきました。




* * *



\r\n■ライバルの活躍が刺激に\r\n


今回は、初めての「番碁」出場を決めた、1979年の天元戦の準決勝から、印象に残る一手を選んでみました。当時は五段で、21歳。このころからボチボチ成績を残せるようになっていて、天元戦ではこの年に初めて本戦に入りました。新聞にも出ましてね。紙面のトーナメント表に自分の名前がある、というのは、やはりうれしかったですね。



私は72年の入段ですが、同期には王立誠さん、山城宏さん、少しあとの入段には小林覚さんがいて、ライバルのように思っていたかもしれません。特に少し前に山城さんが名人戦のリーグに入られて、非常に刺激になりましたね。「俺だって」と思ったかどうかは忘れましたが(笑)、気合いが入っていた時期だったと思います。



当時の天元戦は、前期の優勝者も次の期は一回戦から出場するトーナメント形式でした。ですから、この準決勝というのは、今で言えば挑戦者決定戦に当たり、勝てば五番勝負に出場できるわけです。



私は対局に臨んで、気負いがあったかもしれませんが、あまり覚えていないのですね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)