王 銘?九段が語る 台湾の「囲碁の普及と発展」

王 銘?九段が語る 台湾の「囲碁の普及と発展」

子ども教室での風景

台湾出身の棋士の日本囲碁界での活躍は目覚ましいものがある。今期(第64回)のNHK杯にも、張栩NHK杯、謝依旻女流本因坊をはじめ、王銘?九段、張豊猷八段、黄翊祖八段、林漢傑七段、余正麒七段、許家元四段が出場している。



第44回では王立誠九段が優勝していることも付記すべきだろう。台湾にはどのような囲碁の組織があり、どのような教育が行われているのだろうか。王銘?九段に寄稿してもらった。




* * *



\r\n■子ども囲碁教室の流行\r\n


台湾は囲碁大国です。それは、子どもに限って言えばですが、台北市を散歩していれば、子ども囲碁教室の看板を見つけることができます。生徒は月謝を払って通ってきます。台湾では囲碁教室がビジネスとして立派に成り立っているのです。



小学生では、複数の囲碁教室に通っているケースは珍しくありません。正式な統計はないのですが、台湾全土で囲碁教室に通う学童は数万人になるでしょう。囲碁は習い事として社会的に完全に認知されています。習い事といえば「発表会」で、囲碁ですと「子ども囲碁大会」になります。ほぼ毎週、どこかで子ども大会が開催されます。全島が日帰り圏ということもあり、多くの参加があります。大人が何人もついてくるので満員の盛況になります。主催するスポンサーにも事欠きません。



日本から見れば羨ましいかぎりですが、残念なのは中学生になると、その数がガクッと減ることです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)