ファストフードで人気のフレーバーポテトを自宅でつくろう

ファストフードで人気のフレーバーポテトを自宅でつくろう

撮影:木村 拓(東京料理写真)

料理研究家のコウ ケンテツさんが、ファストフードで人気のフレーバーポテトのつくり方を教えてくれました。フライドポテトと味つけのスパイスなどを耐油性の紙袋に入れて、シャカシャカ振ります。混ぜるときは密封せずに、蒸気の通り道をつくること。そして上下に数回、シャカシャカ振ると、ポテトのカリカリ感は残ったままで、味もよくつきます。



ボウルを使うよりよく混ざり、こぼれる心配もありません。紙袋ごと、差し入れや手土産にしても。耐油性の紙袋がなければ、ワックスペーパーやオーブン用の紙で包んでシャカシャカしてください。


\r\n■青のりチーズポテト\r\n


スナック菓子の人気フレーバーでもある青のり&チーズは、鉄板コンビ。子どもからシニアまで、幅広い世代で楽しめる味です。



材料(2人分)

じゃがいも 2コ(300g)

A[粉チーズ:大さじ2、青のり:小さじ1、塩:小さじ1/3

[常備品]サラダ油



1 じゃがいもは3〜5cm長さの細い棒状に切り、水に5分間ほどさらして水けを拭く。



2 鍋にサラダ油適量を中温(170℃)に熱して1を入れ、時々上下を返しながら、3〜4分間、こんがりと揚げる(写真1)。カリッとして色づいてきたら網などに取り出し、油をきって一呼吸おく(写真2)。



3 耐油性の紙袋に2を入れ、Aを加える。口を折って指で端を軽く持ち、蒸気が少し外に出るようにして、上下にシャカシャカと振って全体に味をまぶす。

[1人分210kcal 調理時間15分]



■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年10月号より

1

関連記事(外部サイト)