阿久津主税八段、1勝15敗の羽生善治三冠との戦いを自ら綴る

阿久津主税八段、1勝15敗の羽生善治三冠との戦いを自ら綴る

左/阿久津主税八段、右/羽生善治三冠 撮影:河井邦彦

阿久津主税八段、1勝15敗の羽生善治三冠との戦いを自ら綴る

阿久津主税八段、1勝15敗の羽生善治三冠との戦いを自ら綴るの画像

第66回NHK杯戦2回戦第1局は、阿久津主税(あくつ・ちから)八段(先手)と、羽生善治(はぶ・よしはる)三冠の対局でした。名誉NHK杯の称号を持つ羽生三冠に、自ら「負けすぎかな」と感じているという阿久津八段が、自戦記で136手の戦いを振り返ります。






* * *



\r\n■1勝15敗\r\n


これは私と羽生三冠の対戦成績である。いくら一線級でずっと活躍している相手とはいえ、さすがに負けすぎかなと思う。



今回は対局前に自戦記を頼んでいただいたが、これまでの対戦成績のことや、書くことが得意ではないことを考えてしまい、引き受けるかどうか迷った。



棋士になって17年目。若干マンネリ化してきた気がする自分に変化をつけたいという気持ちもあり、引き受けることにした。



書くと決めたら迷いはない。初心に戻って対局を楽しもう。そういう思いで対局に臨んだ。


\r\n■作戦の立て方\r\n


対局前の作戦の立て方は、棋士それぞれでかなり違う。入念に準備をして、先後どちらでもしっかりと考える人。相手を問わずに自分の得意戦法をぶつける職人気質(かたぎ)な人。その日のひらめきを大事にする人もいる。



以前の自分は流行形を選んだり、気分で戦型を決めることが多かった。しかし最近は、興味のある形や相手の棋風などを合わせながら作戦を立てる感じだ。



本局は先手番なら矢倉か横歩取り。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)