「すごく弱くてびっくりした」──稲葉陽八段、自らを語る

「すごく弱くてびっくりした」──稲葉陽八段、自らを語る

写真:藤田浩司

今回登場するのは、豊島将之(とよしま・まさゆき)七段からバトンを受けた稲葉陽(いなば・あきら)八段。ライバルを尻目に順位戦A級へ昇級。まだ羽生善治(はぶ・よしはる)三冠と対局したことがないので、A級での初の対局を楽しみにしている。




* * *



\r\n■強い人と指したい欲求の延長線上にあった\r\n


両親と3人兄弟の5人家族です。3歳上の聡がアマチュアで活躍していますが(昨年、第5期加古川青流戦でアマチュアとして史上初めて公式戦で優勝した)、さらに3歳上の兄がいます。長兄は将棋に興味を持つことがなく、今でもルールを知っているかなあ、という程度です。



父が将棋好きで、幼稚園のころにルールを覚えました。小学校2年生の夏休み、加古川将棋センターを知って父と兄(聡)とで出かけました。家では全然勝てなかったけれど、センターに行くと勝ったり負けたりするので楽しくなっていきました。



小3になってからは頻繁に通いました。父の仕事が終わってから車で連れていってもらって、閉店まで指していました。船江君(恒平五段)との出会いもそのころです。当時は学校が終わって家に帰ったら、盤に詰将棋がありました。



奨励会を目指そうと意識したことはあまりありません。同世代の強い人と指すのが楽しかったけど、船江君や兄たちが先に奨励会に入ってしまった。センターにも来ない。強い人と指したい欲求の延長線上に、奨励会があったと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)