「チクン、百万円持っているか!」──豪放で繊細だった藤沢秀行先生の思い出

「チクン、百万円持っているか!」──豪放で繊細だった藤沢秀行先生の思い出

イラスト:石井里果

『NHK 囲碁講座』の連載『趙治勲名誉名人のちょっといい碁の話』。10月号では藤沢秀行名誉棋聖との忘れ難い思い出を綴ります。




* * *




思い出話を聞いてください。読者の皆さんは、恐らく豪快なイメージを抱かれていると思います。豪放らいらくというのかな? 棋風もそんなふうに捉えられることが多いようです。



思い出はたくさんあります。あるとき電話がかかってきて、いきなりこう聞かれました。「チクン、百万円持っているか!」。そのころはまだ若かったとはいえ、碁に勢いが出てきた時期だったので「はい、ありますよ」と。するとね、「すぐに持ってこい!」って。どういう結末を迎えるか、想像できますよね(笑)。指定された場所へ行くと知らない顔が二人…。ぼくがお金を先生に渡すとすぐにポンと知らない人へ。そう、借金の取り立てです。このあとの先生のセリフは豪快でした。



「見てみろ、俺にはこのくらいの金、すぐに持ってくるやつがいるんだ!」



ただね、豪快なエピソード、思い出はこれくらいしかありません。実はね、秀行先生は繊細なんですよ。



先生が棋聖を連覇しているころだったかなあ。不戦敗したのを知りました。心配になったのでご自宅まで訪ねていくと、酔っ払ってた(笑)。酔って日本棋院まで行けなかったらしいです。



このあとも先生らしい。「せっかく来てくれたんだ、酒でも飲んでいけ!」と譲らない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)