藤井秀哉七段VS.一力遼七段、敢闘賞ものの激戦

藤井秀哉七段VS.一力遼七段、敢闘賞ものの激戦

左/藤井秀哉七段、右/一力遼七段 撮影:小松士郎

藤井秀哉七段VS.一力遼七段、敢闘賞ものの激戦

藤井秀哉七段VS.一力遼七段、敢闘賞ものの激戦の画像

第64回NHK杯2回戦第1局は、本戦出場4回目の藤井秀哉(ふじい・しゅうや)七段(黒)と、昨年準優勝の一力遼(いちりき・りょう)七段(白)の対局だった。江ア民二さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。




* * *



\r\n■敢闘賞ものの激戦\r\n


いよいよシード組が登場する2回戦第1局を迎えた。シード組のトップバッターは一力遼七段。棋聖戦リーグ入りを果たして七段に昇段し、初出場の第62回NHK杯戦で準優勝した。すでに恐るべき強豪である。その棋風について、解説の石田秀芳二十四世本因坊は、「力が強いだけでなく、バランス感覚も優れている」と評した。



一方の藤井秀哉七段は、1回戦で鶴山淳志七段を破って2回戦に進出している。このときの解説がくしくも今回の解説者である本因坊秀芳だった。「不思議な力強さがあります。明治・大正期に活躍した二十一世本因坊秀哉(しゅうさい)名人を彷彿(ほうふつ)させる棋風で、受けの力が強いという印象です」と、読みは違うが藤井と同名の秀哉名人になぞらえてその棋風を紹介した。



力強さは両者とも定評があるが、棋風の差が興味深い。果たして、「敢闘賞があればあげたい碁」と本因坊秀芳に言わしめた激闘が繰り広げられた。


\r\n■総ガカリの布石\r\n


四隅に小目が打たれて珍しい布石となった。右下への黒5のカカリから総ガカリの展開。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)