三村智保九段が「楽に勝てる石の形」を指南!

三村智保九段が「楽に勝てる石の形」を指南!

撮影:小松士郎

三村智保九段が「楽に勝てる石の形」を指南!

三村智保九段が「楽に勝てる石の形」を指南!の画像

10月から「囲碁フォーカス」の講師を務めるのは、棋士の三村智保(みむら・ともやす)九段です。司会は、9月までの半年間で石の感覚を身に付け大事な場所に自然に石が向かうようになった戸島花(とじま・はな)さん。これからの半年で、初段の常識として欠かせない「石の形」を学びます。たった一路の違いで攻守が入れ替わってしまうほど大切な石の形を身に付ければ、楽に勝てるようになるはずです。






* * *



\r\n■「石の形」とは?\r\n


4月からの半年間、蘇耀国九段のもとで石の感覚を学んできた戸島花さん。石の強弱を常に意識することで、接近戦でもひるまず戦えるようになってきました。



ただ、どうしても「ここぞ」という場面で相手に主導権を与えてしまうことも多く、もう一皮むけたいところ。



「正しい『石の形』さえ身に付ければ、大会に初段で出場しても、あまり負けることはないと思います」と、10月から講師を務める三村智保九段は、戸島さんの実力向上に自信があるようだ。



戸島「石の形って何…。定石ですか? 覚えるのは苦手なんですが…」



三村「定石のように長い手順を覚えるものではありません。感覚的なものです」



戸島「よかった。感覚的なものは得意です! でも、どのようなものなのか、イメージが湧きません…」



三村「『アキ三角』という用語や『二目の頭は見ずハネよ』という格言、聞いたことありませんか?」



戸島「知っています! 悪い形のことですよね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)